靖国神社に放火で逮捕! 中国人は「南京事件」を本当に知っているのか

中国2018年12月15日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

靖国神社で抗議活動

 靖国神社の門の前で紙に火をつけた中国人男女が12日、逮捕された。「南京事件」への抗議が目的て、「南京事件を忘れるな」といった横断幕を掲げていたという。その抗議の熱量は相当なものであるが、彼らが日本政府の見解を知っているのかははなはだ怪しい。
 こうした中国人をはじめとする日本に対して批判的な人たちは、「日本は南京事件を認めていない」と主張しがちだが、これは完全な間違い。
 外務省のホームページには、次のような正式見解が記されている。

「日本政府としては、日本軍の南京入城(1937年)後、非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できないと考えています。...

記事全文を読む