「暗号解読」で明らかになった「真珠湾攻撃」77年目の真実――「情報と通信」で読み解く太平洋戦争

ビジネス2018年12月7日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 真珠湾の奇襲攻撃によって太平洋戦争の火蓋が切られてから、この12月8日で77年をむかえる。この歳月の中で私たちは、何を学び、何を失ってきたのか。太平洋戦争を「情報と通信」の視点で再検証してきた。

 前回の記事「危機意識の欠落が生んだ日米情報戦の敗北」では、戦時下における日本の脆弱な暗号システムと危機意識の欠如について見てきたが、今回はいよいよ核心、日米開戦の新たなる真相に迫って行く。...

記事全文を読む