「ナベツネ」不在の巨人全権「原監督」 金権補強のポンコツリスト

野球週刊新潮 2018年12月6日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 勝率5割にも届かなかった今年の巨人。だから、原辰徳監督(60)に課せられた使命は、来季の「絶対優勝」だそうだが、見境のない金権補強に寄せられるのは、優勝どころか、チームが瓦解するという悲鳴――。

 今年の打率が2割8分9厘といっても、出場試合は77。そんなオリックスの中島宏之内野手(36)を推定年俸1億5千万円で、続いて、出場試合が40だけだった西武の炭谷銀仁朗捕手(31)を、3年総額6億円で獲得した原巨人。大リーグのパドレスのビヤヌエバ内野手(27)とも年俸300万ドル(約3億3千万円)で契約したという。...

記事全文を読む