炭谷銀仁朗、裁判所でも“金銭闘争” 接触事故で示談に至らず

野球週刊新潮 2018年11月29日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 好き嫌いはともかく、巨人軍の監督から「優勝するために力を貸してほしい」と口説かれて、悦に入らないプロ野球選手はいないだろう。実際に原監督から熱烈なラブコールを受けたのは西武の炭谷銀仁朗捕手(31)。だが、今オフのFAの目玉選手には、人知れず抱える「裁判」があった。...

記事全文を読む