「岡田眞澄」愛娘のミス・インター選出 異母兄から怨嗟の声

エンタメ 週刊新潮 2018年11月22日号掲載

  • ブックマーク

夜中に金庫から

 ここで、岡田家について、整理しておこう。生前、プレイボーイとして名を馳せた岡田は、生涯で3度の結婚をしている。2人目の妻となる女優・藤田みどりとの間に、眞善を長男とする3人の子供を儲けたが、入籍から23年目にしてピリオドを打つ。

 芸能記者が引き取ると、

「岡田は、離婚の翌年、26歳年下の元CAだった女性と結婚しました。が、実は、8年に亘る不倫の末の結婚だったのです。この3番目の妻との間に生まれたのが、ミス代表となった朋峰です」

 前妻の子供である眞善が、後妻との間に生まれた朋峰に好意的でないのは、そんな事情があるからだろう。

 眞善の知人が語る。

「眞善の母親、みどりさんとの離婚の際に、眞澄さんは、映画を撮るためだと言っていたのです。“失敗したら借金を抱え、家族に迷惑がかかる。そうしないために、完全に縁を切ろう”と」

 蓋を開ければ、これが全くのウソ。実際は朋峰の母親と一緒になるための口実だったというわけである。

「離婚してから、寝静まった眞善たちの家に眞澄さんが忍びこんで、金庫から金を持っていくこともあったそうです。子供たちの学資保険や、絵画なども少しずつ持ち出していた。1年後に結婚発表を知り、ようやく騙されたとわかった」(同)

 別れた家族が、未だに父親に裏切られたという思いを抱いていても不思議ではない。それにしても、三男にあたるという弟の自殺の一因が朋峰にもあるというのはなぜなのか。

「眞善の弟は舞台制作の仕事をしており、自殺の1年前に眞澄さんを起用した舞台を企画していました。ところが、眞澄さんは、朋峰さんの運動会が上演期間と被っていることを理由に、直前に断ったのです」(同)

 さらに、自殺の2日前には、こんな出来事もあった。

「家族の思い出が詰まった別荘が取り壊され、建築計画の看板に建築主として再婚相手の名前が出ていたことで、三男のショックが拡大したようです」(同)

 そこで、岡田眞善にツイートの真意を聞くと、

「彼女は、僕ら家族がどんな思いで生きて来たかは知らないはず。だから恨むつもりはありません。でも、父は再婚した際、岡田姓を捨てて相手の“鑓田(やりた)”という籍に養子に入ったのです。だから彼女の本名は“岡田朋峰”ではなく“鑓田朋峰”のはず。それなのに、突然、岡田を名乗って出場したのは都合がよすぎるし、エレガントとは思えません。生前の父は、自分の事は棚に上げて、テレビで離婚相談に乗っていましたが、悪い冗談にしか見えなかった。彼女は、そういった父のデリカシーのない部分を受け継いでいると思いますよ」

 日本を代表する美の親善大使に求められるのは、美しさのほか、知性と教養、人を惹き付ける魅力があるかだという。彼女はその条件を満たしているのかどうか。結果は、1年後の世界大会で明らかとなる。

ワイド特集「男と女」より

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]