“カネで捜査情報を漏らしてくれた”――55億円積水ハウス事件、地面師マネーに汚染された“黒い警視”の存在

社会週刊新潮 2018年11月1日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 積水ハウスが55億円余を騙し取られた五反田・海喜館(うみきかん)をめぐる地面師事件。捜査の網の目をかいくぐって逮捕直前に逃亡した主犯級のスマホには、11人もの警視庁などの刑事の名前とケータイ番号が登録されていた。カネに転んで捜査情報を差し出した「黒い警視」とは? 主犯側近の激白と共にお届けする。

 ***...

記事全文を読む