被害額55億円 地面師に騙された「積水ハウス」が“五反田の土地”に飛びついた事情

社会週刊新潮 2018年11月1日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 売上高2兆円を誇る積水ハウスが東京・西五反田の土地売買を巡り、その代金を騙し取られた案件が世間の耳目を集めてきた。それが大きく動いたのは、去る10月16日のことである。

 警視庁担当記者にざっくり説明してもらうと、

「2017年4月から6月にかけて、分譲マンションの建設用地として、積水は不動産会社を通じ、所有者を名乗る女性から土地を購入する契約をしました。不動産会社を通して女性に代金を支払ったが、女性側から提出されたパスポートなどは偽造されたものだと判明。...

記事全文を読む