神学の大家「東洋英和女学院長」に浮上、神をも恐れぬ“論文でっちあげ”騒動

社会週刊新潮 2018年10月25日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 これぞ「神業」なのか――。ミッション系のお嬢様学校として知られる東洋英和女学院のトップである深井智朗院長(53)の論文に、引用元の人物が見当たらないという「でっちあげ」疑惑が浮上。「告発者」が深井氏の非を指摘すれば、彼がそれをかわすという論争が繰り広げられているのだ。以下は、神のみぞ真相を知る神学界の不思議な騒動。...

記事全文を読む