“弄ばれ、コントロールされた…”被害女性が涙の訴え 長谷川博一氏の「性的カウンセリング」を告発

社会週刊新潮 2018年10月4日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

被害女性が告発! 「私が施された性的カウンセリング」(2/2)

 カウンセリング界の権威・長谷川博一氏(59)による性被害を、被害女性が告発する。「腹立たしくて許せません。私は彼と肉体関係を持ちました」と証言するのは、長谷川氏がセンター長を務める「こころぎふ臨床心理センター」のクライエント(心理相談の来談者)だった佐々木奈々子さん(31)=仮名=だ。長谷川氏との性的関係を重ねた結果、症状が悪化したと訴える佐々木さんは、その後、別の女性カウンセラーに相談。今は嫌悪しかないと語る。

 どちらが積極的だったのかは問題ではない。...

記事全文を読む