低刺激の成分に変更で肌荒れを抑止! 商品表記から学ぶ「洗顔料」の選び方

ライフ週刊新潮 2018年9月20日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

皮膚科専門医が警告する「化粧品」の真実(2/2)

 洗浄剤としてのイメージが強い界面活性剤は、浸透、乳化、保湿などの作用もある。強すぎるその作用が、時に肌荒れや乾燥肌、敏感肌の原因となると説くのは、「東京美容科学研究所」の小澤貴子所長だ。肌の細胞を傷つけてしまうそのメカニズムについては前回を参照頂きたいが、界面活性剤は化粧水やシャンプー、トリートメントなど広範囲の日用品に含まれ、全てを避けることは難しい。

 ***...

記事全文を読む