「ミシュランガイド」5年連続星獲得の美肌料理の専門家が教える 誰でもできる一日30品目

食・暮らし

  • 共有
  • ブックマーク

 食生活は健康の基本。そして、いつまでも健康で、美しく、長生きしたいと思うのは人の常です。そして健康維持をするための目安として、「一日30品目の食材を摂取しましょう!」などと言われます。しかし毎日毎日30品目の食材を用意して、食べ続けるのは至難の業。ではどうすればいいのでしょうか?

 漢方食養生の研究家であり、『ミシュランガイド』で5年連続1つ星を獲得し、美肌料理にも定評のある「白金劉安」店主の那須正則さんが『醤から手作り!「白金劉安」の美肌料理』でバランスよく食材を摂取するコツを教えてくれています。

■考え方を変える

「『一日30品目の摂取』についてはとりあえず無視し、まず一週間を一つの単位として考えてください」(那須氏)

 一日7~8品目の食材でも、一週間あれば無理なく50品目もの食材を摂取することが出来ます。つまり一週間トータルで栄養摂取を考えれば問題ありません。誰でも簡単に目標をクリアできる摂取方法です。

■一ヶ月、季節ごとに見直し

 一ヶ月に一度摂取した食材を見直し、その傾向をチェックして不足傾向の食材があれば、次の一ヶ月で調整して下さい。その後、大きなくくりとして季節ごとに見直せば、一年間を通じ無理なく不足分を補完することが出来ます。摂取した食材を記録するMY食材日記帳をつくることもおすすめです。

 なるほど、一日で30品目は無理でも、スパンを変えて一週間で50品目なら簡単に達成できそうですね。漢方で培われた知恵は食事を楽しむことにも役立つのですね。

[5年連続ミシュラン1つ星「白金劉安」直伝! 自家製甜麺醤の作り方]

甜麺醤 甘味万能味噌
食効
抗酸化作用、記憶力・集中力の向上、骨粗鬆症の予防、更年期障害の軽減

材料(約500g分)
八丁味噌……250g
砂糖……125g
酒……150cc
水……100cc
醤油……大さじ1
オリーブオイル……大さじ1
ごま油……大さじ1

作り方

1
フライパンにオリーブオイルとごま油以外を投入し、中火にかける。全体がよく混ざってきたら、オリーブオイル、ごま油の順に少しずつ入れ混ぜる。
2
木べらでかき混ぜ、クツクツと沸騰してきたら弱火に落とす(絶対に焦がさないこと)。
3
クレーターのように大きな泡が出てきたら、煮詰まってきた証拠。
4
とろみがつくまで練り上げたらできあがり。

◇常温に冷ましたら密閉容器に入れ、オリーブオイルあるいはごま油で表面に膜を張る(酸化・乾燥防止)。冷蔵庫で約3ヶ月保存可能。

デイリー新潮編集部