“桐生の後塵”から脱却 アジア大会200m金「小池祐貴」

スポーツ週刊新潮 2018年9月13日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 アジア大会が閉幕した。

 スポーツ界にとってはオリンピックに次ぐ4年に1度の祭典だが、毎度のことながらどうにも盛り上がらない。記憶に残ったのは、6つの金メダルを獲得して大会MVPに輝いた「池江璃花子」と、買春騒動を起こした「男子バスケ」くらいではなかろうか。...

記事全文を読む