生稲晃子が語る「5回の手術」と「乳房再建」 私はこうして「乳がん」から生還した

芸能週刊新潮 2018年9月13日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 最初に乳がんの告知を受けたのは、今から8年前、42歳の時です。見つかったがんは、乳輪の少し奥に8ミリとごく小さく、ステージもI。少し安心しました。乳房を全部摘出(全摘)してしまう手術ではなく、私の場合は「乳房温存術」といって、乳輪に沿って胸を数センチ切開して、腫瘍を取り除いて頂きました。2時間ほどで済む手術で、翌々日に退院できたのです。...

記事全文を読む