「乳がん」全摘前に娘と銭湯へ…2度の再発を経験した生稲晃子 がんに打ち克った5人の著名人(2)

芸能週刊新潮 2016年5月19日菖蒲月増大号掲載

 女優の生稲晃子さん(48)は、乳がんでもすでに2度の再発を経験。幼い娘のために生き続けたいと乳房全摘を決断している。

 右乳房に8ミリ程度のがんが見つかったのは11年3月。早期で転移もなかった。

「久々に受けた人間ドックでがんが発見されて、部分切除で乳房も温存された。先生からもラッキーですよと言われていたんです」

 術後2日目に退院。その翌々日には、レギュラー番組「ちい散歩」(テレビ朝日系)における通販パートの収録に臨んだ。

 放射線治療でさらにがん細胞を叩き、ホルモン療法で予防すれば、再発のリスクは下がるはずだった。

...

記事全文を読む