逃がした魚を再捕獲… 「日大」へ進学の池江璃花子、不祥事の影響は

スポーツ週刊新潮 2018年9月6日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 誰よりも速く、水路を一直線に泳いだ彼女、その進路選びが心配だ。アジア大会では金メダル6個と、大活躍を見せた池江璃花子(18)。東京五輪への弾みとなったに違いないが、“本番”を目指す前に、彼女が決めなくてはならないのが進学先だ。“タックル問題”でブランド失墜の日大へ進学希望というが、大丈夫?...

記事全文を読む