「パーキンソン病」克服の日は近い? “iPS細胞”脳移植の応募者募集

社会週刊新潮 2018年8月9日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 今や日本だけでも16万人以上の患者がいるといわれるパーキンソン病。

 レビー小体という異常なタンパク質の塊によって、脳内のドーパミン神経細胞が破壊され、身体の震えや筋肉のこわばり、動作が緩慢になるといった症状がみられるこの難病に、一筋の光明が差した。...

記事全文を読む