サンマは早くも初競り “一尾7万円”を出した「寿司屋」語る

社会週刊新潮 2018年7月26日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

〈さんま、さんま、さんま苦いか塩っぱいか〉

 佐藤春夫の詩にもあるように、昔からサンマは庶民の食卓に似合う魚だった。だが、最近は高級魚の扱いになることもある。...

記事全文を読む