堺「自殺偽装」事件 “元中学のマドンナ”が闇を綴った「朱美日記」

社会週刊新潮 2018年7月5日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

“姉”足立朱美(44)が逮捕された大阪・堺市の偽装殺人事件。今年3月の“弟”聖光さん(40)の死について、当初、府警は自殺で処理しようとしていたという。ところが、聖光さんの妻と彼の会社の番頭は「“朱美がアヤシイ”と強く主張」(府警担当記者)。その後の捜査により、残された遺書の文面が怪しいなどの状況証拠から、朱美が容疑者とされたのである。

 聖光さんの死去の約1カ月後には、聖光さんの妻と番頭を“中傷”し、朱美容疑者を持ち上げるビラが何者かによってまかれる事件も起きていた。...

記事全文を読む