「人工透析」「人工補助心臓」が停止危機 「大阪地震」大病院の6時間

社会週刊新潮 2018年6月28日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 地震によってライフラインが麻痺すると、最も危機に晒されるのは、やはり病院である。

 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)では、「人工透析」「人工補助心臓」などが使えなくなるかもしれない窮地に陥っていた。...

記事全文を読む