大阪地震、なぜ火災延焼は起こらなかったか “阪神”の教訓

国内週刊新潮 2018年6月28日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 阪神淡路大震災では大規模な延焼も起こったが、この地震での火災はわずかに7件。

 災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏によれば、

「阪神淡路の建物火災の6割は通電火災でした。倒れてきた家具などで電気器具のコードが破断したまま、停電が復旧することで、火災が起きていた。さらに、そこへガス漏れが加わり、延焼が拡大していったのです」...

記事全文を読む