怪死「紀州のドン・ファン」 同居わずか1カ月半「55歳年下幼妻」との出会いも高級デートクラブ

社会週刊新潮 2018年6月7日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「紀州のドン・ファン」として知られた資産家の野崎幸助氏が、5月24日に77歳で急逝。遺体からは覚醒剤が検出された。高級デートクラブで出会った愛人から大金を盗まれた2年前の事件で世間に知られることになった野崎氏だが、その死をめぐっては、55歳年下の幼妻・Sさんの存在にも注目が集まっている。そもそも2人の出会いとは、どういうものだったのか。

 ***...

記事全文を読む