資産50億円「紀州のドン・ファン」の怪死 “異例の家宅捜索”が意味するもの

社会週刊新潮 2018年6月7日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「紀州のドン・ファン」こと、和歌山県の資産家である野崎幸助氏が、22歳の幼妻を残して急逝した。遺体から覚醒剤が検出されるという不可解な死に、警察が捜査に乗り出す事態となっている。50億円とも言われる資産を巡って起こった事件なのか。その顛末とは。

 ***...

記事全文を読む