「ペルー日本大使公邸人質事件」 大使夫人が夫に送った暗号文書

社会週刊新潮 2016年8月23日号別冊「輝ける20世紀」探訪掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「大変です! 日本大使公邸の門の外と内で激しい銃撃戦が起きています!」――平成8年(1996)12月18日午前10時過ぎ。江口義孝・NHK報道局国際部副部長(当時)に、ペルーの首都リマから緊急電話が入った。電話の主は、江口氏が懇意にしていた、現地の映像制作会社で働く日系人の男性だ。午前11時のNHKニュース速報が、日本外交史上、前代未聞の「ペルー日本大使公邸人質事件」を伝える日本での第一報となった。

 ***...

記事全文を読む