タレント「ひふみん」が早くも“正念場” アニマル浜口と共通の“弱点”

エンタメ2018年4月17日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「ジジババタレント」四天王の1人?

 あの加藤一二三(78)が正念場を迎えているという。14歳でプロ棋士となり、通算成績1324勝1180敗。2017年に最高齢現役棋士記録と最高齢対局記録を更新。最高の花道で引退を果たした元棋士が、どんな剣が峰に立たされているのか。

 ***

 そんな疑問が渦を巻いたが、直面している問題はタレントとしての話だという。ご存じの方もおられるだろうが、「神武以来の天才」と称賛された名棋士も、今はワタナベエンターテインメントとマネジメント契約を結んでいる。バラエティ番組の制作スタッフが言う。

「失礼を承知の上で言うと、会議で“面白いジジババタレント”で名が挙がるのは、梅沢富美男(67)、デヴィ夫人(78)、蛭子能収(70)、そして、“ひふみん”こと加藤一二三の4氏で、“四天王”と呼ぶ人もいます。その加藤一二三さんですが、最初は強烈なキャラクターなので仕事のオファーが殺到しました。さらに所属事務所がワタナベエンターテインメントですから、CMや歌手デビューと仕事の幅も広がりました。極めて順調に芸能活動のスタートを切ったわけですが、ブームが一回りして、ここに来て視聴者に飽きられているようです。そのため、いきなり正念場を迎えてしまいました」

次ページ:加藤一二三vs.アニマル浜口

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]