新聞社崩壊で「勝ち組」になるのはどこか? 経営体力採点でわかった「強い地方紙」

国内2018年3月12日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

経営体力を採点

 部数減や「偏向報道」への批判もあり、新聞というビジネスモデルに対しては「オワコン」といった批判がされることも多い。朝日新聞販売局の元部長である畑尾一知氏は、新著『新聞社崩壊』の中で、2015年から2025年までの10年間で新聞の総部数が30%減る、というシミュレーションを示したうえで、生き残りに向けた提言もおこなっている(以下、同書より抜粋・引用)。
...

記事全文を読む