大変だっちゅーの? 「パイレーツ」西本はるかが始めた「遺品整理屋」

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 暦の上では、新たなスタートの季節「春」である。実際は、まだまだ寒さが続いているが、一足早く、以前とは異なる世界にチャレンジしている人がいた。“だっちゅーの”で一世を風靡した女性コンビ「パイレーツ」の西本はるか(39)。なんと、亡くなった人の荷物を片付ける「遺品整理」業に携わっていた。

 ***

 両腕で胸を挟むポーズ“だっちゅーの”がブレイクしたのは1998年。その年、流行語大賞も受賞したが、3年後にコンビを解散し、以後女優、タレントとして舞台やグラビアを中心に活動している。だが、

「ここ最近は、芸能活動を続けながら、カレが経営するリサイクル会社を手伝っています」

 と語るのは、西本ご本人。3歳下の彼氏は、関東近郊で、リサイクル業や不動産業を営む実業家だ。約2年前に知人の紹介で出会ったという。

「当初は、自分の人脈とカレのリサイクル業を生かして、古着のネット販売を始めました。芸能人の友人から不要になったブランド服を800着ぐらい集めたんです。でも、上手く行かずに半年ほどで止めました」

 その後は、彼のリサイクル業を手伝うことに。買い取った白物家電を磨き上げて再生させるほか、昨年からは、リサイクル業の一環として彼氏の会社が行う遺品整理業にも、スタッフとして関わっているという。

 遺品整理業は、遺族からの依頼を受けて、故人の部屋の片付けをし、遺品やリサイクル品、ゴミなどに仕分ける仕事。孤独死が社会問題となっている昨今、家主からの要請もあるという。

「急に亡くなった中年女性の部屋には、室内に洗濯物がまだ干してあって、生活感が漂っていたのを覚えています。とはいっても、几帳面な方だったようで、室内はキレイに整頓されていました」

次ページ:強烈な異臭

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]