舘ひろしと松野未佳が出演の「ハズキルーペ」CMが連想させる“不適切な関係”

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

かつては石坂浩二が出演

「ハズキルーペ」というヒット商品をご存じだろうか。公式サイトによると「眼鏡型拡大鏡」とのことで、老眼鏡ではない。顔に装着できる虫眼鏡という塩梅で、両手が使えるところが最大のセールスポイントだ。

 ***

 石坂浩二(76)のCMを、ご記憶の方は多いだろう。眼鏡の上にハズキルーペを装着すると、文庫本が単行本に、スマートフォンがタブレットに拡大する。石坂はプラモデルの愛好家としても有名なためか、蒸気機関車の模型をハヅキルーペで眺める場面も用意されていた。

 ところが昨年末ぐらいから、ハズキルーペがCMを一新した。その新しいバージョンが話題になっている。出演しているのは舘ひろし(67)と松野未佳(22)だ。

 松野は新人で知名度は低いが、2016年のミス日本グランプリ。何より前衆議院議員の松野頼久氏(57)の娘という話題性を持つ。

 繰り返しになるが、石坂のCMは極めて静謐だった。本人の持つ知的なイメージに合わせ、図書館で洋書を探したり、森林の中で蝶を観察したり、という具合だった。1人で行動していることが極めて多かった。

 ところが、今回の舘&松野バージョンは、無駄にゴージャスというか、強力なバブル感が漂うのだ。まずはビルの高層階にある高級レストランで、父娘は夕食。高級ワインの生産年を松野未佳が訊ね、舘ひろしはハズキルーペを装着して瓶を持つ。そしてサプライズ的に始まった花火を親子が並んで鑑賞する。

 次にCMは翌朝のシーンに移る。娘は「夕べ楽しかったなあ、パパもご機嫌だったし」と呟きながら、ハズキルーペ越しにネイルアートを描く。一方、バスローブ姿で登場した父親は「呑みすぎたなあ」と欠伸混じりに独り言を口にし、薬の瓶をハズキルーペで眺め、注意書きを拡大する————。

次ページ:平昌五輪の中継中CMで一気に注目?

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[1/5ページ]