GACKTが有名ブロガーを脅迫 「ココロからの殺意…」現在は削除

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

「非通知設定で…」

 山本氏には「実害」も出ていて、

「GACKTさんのブログが出た後、私の携帯電話に非通知設定で電話が掛かってきて、誰だか分からない男性から『何書いてくれたんだ』『お前、ホント気をつけろよ』と。その後、サイバー犯罪を担当している知り合いの警察官からも、『一般の人から、山本一郎がGACKTに脅迫されているという通報が複数あった』と、連絡が来て心配されました」(同)

 仮想通貨に詳しい「ビットコインニュース」の山崎大輔編集長も、一般論としてこう警鐘を鳴らす。

「ICOに関しては、資金調達だけして逃げてしまったという詐欺的な問題が各国で発生。ICOが安全かと聞かれたら、そんなはずはないと答えます」

 一方、GACKTからは〈脅迫ブログ〉に対する弁明は得られなかったが、いずれにしても記述を削除したこと自体、彼自身が〈殺意〉〈一人歩き……〉はヤバいと思っていることの証と言えよう。

「彼自身がICO話に騙され、担がれているのだとしたら本当に脇が甘い。その上、感情的になって脅迫としか受け取れない記述をするなんて、常軌を逸していると思います」(山本氏)

 一昨年、投資詐欺にひっかかっていたことが明るみに出たGACKT。〈バイ○グラの摂取後並みにバクバク〉しないで、落ち着いて自身の「投資能力」を見つめ直すことをお勧めする。

週刊新潮 2018年1月25日号掲載

ワイド特集「一能一芸なきものなし」より

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]