母は東大に行かせたい「藤井聡太」高校中退への棋譜

社会週刊新潮 2018年1月4日・11日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 史上最年少の14歳でプロ棋士となり、将棋界最多29連勝を成し遂げた藤井聡太四段(15)。史上5人目の“中学生棋士”は高校進学を表明したが、進学先の名古屋大学教育学部附属高校には、出席日数という“強敵”が待ち受けている。

 中村太地(たいち)六段が羽生善治王座を破り、初タイトルを奪取したのは2017年10月11日のことだった。その後七段に昇格した中村さんは早稲田実業高校を首席で卒業し、早大政経学部へ進学している。日本将棋連盟の幹部と観戦記者の間で、中村七段の秀才ぶりから藤井四段の話題になった時、その幹部はこう語ったという。

...

記事全文を読む