フジ「みなおか」終了で名物プロデューサー、港浩一氏が語る「とんねるず」秘話

エンタメ 芸能 2018年1月5日掲載

  • ブックマーク

――12月7日、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で、2018年3月を以て番組が終了することが発表された。1988年10月にスタートしたレギュラーの「みなさんのおかげです」より連なる「とんねるず」の冠番組はおよそ30年続いた。

 2人が視聴者へ挨拶するために選んだのは、フジテレビではなく共同テレビジョンの社長室。“小港さん”役の木梨憲武(55)、石田弘番組エグゼクティブプロデューサーに扮した石橋貴明(56)が、エンディングで番組終了を発表したのだ。その様子を後から見守っていた“小港さん”こと港浩一・共同テレビジョン社長(65)が「とんねるず」秘話を語る。

 ***

 あれはね、番組終了を発表するのに、この部屋(社長室)を使わせてくれと現プロデューサーの太田一平から連絡があったんですよ。貴明が“ダーイシ(石田氏)”、憲武が“小港”に扮して、番組が終わること、これまでの感謝の気持ちをコント仕立てで発表したいと。当日になって、僕にはこの席に座っててくれと言うわけですよ。じゃあ、最後に俺も一緒に頭下げた方がいいよね、ということになったんです。「とんねるず」らしい、やり方だったと思います。

――港氏は、今も木梨演ずる“小港さん”と同じ長髪。フジテレビのディレクター、そしてプロデューサーとして「とんねるず」を見出し、石田氏と共に、番組を作ってきたことで知られる。13年6月、フジの常務取締役に就任。15年6月からは共同テレビの社長を務めている。

 永遠に続く番組なんてないですからね、もちろん寂しくはなりますけど。とはいえ僕が番組に関わったのは、番組立ち上げの1986年の「火曜ワイドスペシャル」時代の特番から、2001年に部長になって番組を離れるまでの、およそ14年。彼らはその後、もっと長く続けてくれたわけです。それがうれしいですね。

次ページ:「ダーイシ」と「小港」の誕生

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[1/6ページ]