校則も制服も生徒会もない… 日本一自由な学校「麻布中高」が名門なワケ

社会週刊新潮 2017年9月21日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

日本一自由な学校「麻布中高」の「自由」の授け方――おおたとしまさ(下)

 自身もその卒業生であるジャーナリストのおおたとしまさ氏が、制服も校則もない“日本一自由な学校”麻布中高の学びに迫る。同校の「誰かに定められた規律によらず、自ら定めた規律に従うときのみ、自由である」という理念が確立したのは「70年安保闘争」の時代。山内一郎校長代行を辞任させる「革命」に立ち会った当事者の一人である卒業生・A氏は、「結局は暴力を利用したんですね」と、現在も当時の葛藤から抜け出せずにいた。64年連続東大合格者トップテンに入り、しかし一度もナンバーワンにならない“麻布らしさ”とは。...

記事全文を読む