相撲協会は☆1・7で、希望の党本部は☆1・8… 「Googleマップ」で振り返る2017年話題スポット

社会2017年12月22日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 2017年も残すところあとわずか。年末年始の旅行の際には、Googleマップにお世話になる機会も多いはず。そんなGoogleマップの口コミ機能、一部ではヘンな使い方をされていて……。スマホ片手に振り返る、今年話題になったアノ場所探訪。

 ***

【ホワイトハウス(Pennsylvania Ave NW, Washington, DC 20500 アメリカ合衆国)
 2017年、まず世界的に注目されたのは、1月20日のドナルド・トランプ大統領の就任だった。政権発足から1年もたたないうちに高官が次々と辞任、ロシア疑惑などでも騒がれた舞台「ホワイトハウス」をGoogleマップで覗いてみると、口コミ件数は11265件、評価の☆は5段階中で4・1である(12月18日現在、以下同)。世界中からの観光客が集まるスポットだけあって口コミは多く、コメントも〈めっちゃかっこいいじゃん〉〈トランプさんに会うことができるかもしれません〉といった内容が大多数だ。

 と、これは口コミ機能の正しい使い方。なかには“ニュース批評”欄の様相を呈しているスポットはあって……。

【東芝(東京都港区芝浦1丁目1−1)】
 15年から引きずる粉飾決算事件が尾を引き、8月には東京証券取引所2部への降格の憂き目にもあった同社。子会社の売却をめぐる訴訟は12月13日に和解が発表され、来年は何とか盛り返せるか。口コミ件数は17件、☆は2・9。コメントには〈株主はお財布。次は税金投入チャレンジでもするの?〉〈経営陣の無能っぷりがすごい。大企業病の人間らしい〉〈アメリカで原発事業という名のぼったくりバーに引っかかった愚かな東芝〉となかなか辛辣な口コミが並ぶ。

【森友学園・加計学園】
 今年の流行語大賞「忖度」発祥の地、“森友・加計”はどうだろう。口コミで目を見張るのは、“安倍晋三小学校”と朝日新聞が報じた「瑞穂の國記念小學院(大阪府豊中市野田町10)」ではなく、その愛国教育で批判を浴びた「塚本幼稚園幼児教育学園(大阪府大阪市淀川区塚本1丁目6番25号)」が“籠池批判”のスペースになっている感。31件の口コミで☆は1・9で〈篭池さん(ママ)、なぜ、野党側についたの? 今まで支援してくれた保守の人をすべて敵に回してしまって、これからどうするの?〉といった声から、〈あほぼけくそったれ森友学園ー〉そして〈地元民として恥ずかしい〉とご近所さんとおぼしきユーザーからの一言も。

 これに比べ「学校法人 加計学園(岡山県岡山市北区理大町1−1)」は口コミ2件、〈公に説明しない利益優先の学園〉とあるだけで、森友との差は大きい。問題の「岡山理科大学獣医学部(愛媛県今治市いこいの丘1-3)」は来年4月開校のためか、まだGoogleマップに登録はなかった。

【とよた真由子 埼玉事務所(埼玉県新座市東北2丁目13−25)】
 流行語大賞でいえば、「ちーがーうーだーろー!」の“違う方”のワードがノミネートされた豊田真由子氏。秘書への暴言暴行発覚後には、ピンク色のカーテンが閉ざされた、ビル2階のあの場所である。10月の選挙で落選後もコメントは寄せられ、現在口コミ21件で☆は1・7。〈1階にある整骨院さんにも迷惑がかかっているので早急に事務所をたたんだほうがいいでしょう〉〈星1つも付ける価値なし〉〈志木駅前の1等地!〉とやはりコメントは辛辣である。

次ページ:「小池都知事」と「元SMAP」は…

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]