箱根駅伝に13年ぶり東大生 紆余曲折の道のり

スポーツ週刊新潮 2017年12月7日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 13年ぶりに東大生が新春の箱根路を走る。

 といっても、東大がチームとして襷(たすき)を繋ぐわけではない。東大工学部化学生命工学科3年の近藤秀一クンが“関東学生連合チーム”の一員として走るのだ。

...

記事全文を読む