急転直下で見送りに… 「杉原千畝」が「世界記憶遺産」に漏れたワケ

社会週刊新潮 2017年11月16日号掲載

 日本政府が推薦して初めての悲劇だった。10月30日、ユネスコは後世に伝え守るべき「世界記憶遺産」を発表。ナチスの迫害から逃れるユダヤ人にビザを発給し、多くの命を救った外交官・杉原千畝(ちうね)の世界的名声を伝える関連文書は不採択となった。登録を確実視されていた大本命が急転直下、見送りとなったワケとは……。

 ***

...

記事全文を読む