武井咲、つわりでドラマ撮影に支障… 主演ディーンは怒髪天

芸能週刊新潮 2017年11月9日神帰月増大号掲載

 ディーン・フジオカ(37)。ハーフか日系人のような名前だが、生粋の日本人である。2015年、NHKの朝の連続テレビ小説「あさが来た」でヒロインの“師匠”役を演じてブレイクした彼が民放の連続ドラマで初の主演を務めているのが、現在日テレ系で放映中の「今からあなたを脅迫します」で、主題歌まで自分で歌っている。一言で言ってしまえば「絶好調」なわけだが、なぜか最近、彼の表情が冴えないという。原因は、そのドラマでダブル主演を務めている女優の武井咲(23)にあるようで……。

 ファンの多くを占める主婦層からは「おディーン様」と呼ばれて絶大な人気を誇る彼が今回のドラマで演じているのは、「脅迫屋」。もちろん架空の職業で、ネタを掴んで相手を脅し、それによってあらゆる難問を解決していくばくかの報酬を得る。「脅迫」は周囲の様々な人に向けられ、その度ごとにディーン演じる千川完二が「今からあなたを脅迫します」との決め台詞をビシッと放つ。また、「悪」のように見えて実は……というダークヒーロー的な側面もあり、10月15日に放映された第1回では、千川が振り込め詐欺犯を脅迫して嘘を暴き、最終的には、犯人が騙し取った数百万円が老夫婦の元に戻る、というストーリーだった。セリフ、表情、アクション――「おディーン様」の魅力を余すところなく感じられるドラマなのだが、第1回の視聴率は8%と振るわなかった。そして、このドラマで、ひょんなことから千川に脅迫され、脅迫屋の仕事を手伝うハメになる金持ち女子大生の金坂澪を演じているのが、武井咲だ。

次ページ:「登場回数を減らす」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]