10億円獲得「井山裕太」 囲碁七冠の体力作りは「ビリーズブートキャンプ」?

エンタメ週刊新潮 2017年11月2日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 強さの秘訣は何か。囲碁の井山裕太(28)が、昨年一度失った“七冠”を奪還。目下、国内では向かうところ敵なしである。その“史上最強棋士誕生”の裏には、かつて大ヒットした、“ビリー隊長”によるエクササイズ「ビリーズブートキャンプ」があった。

 ***

 井山が“七冠”の座に返り咲いたのは、第42期名人戦で高尾紳路名人(41)を下した10月17日のこと。

 観戦記者によれば、

「井山は、昨年4月に囲碁界初となる本因坊、碁聖、名人、王座、天元、十段、棋聖の七大タイトルすべてを獲りました。が、約半年後に行われた名人戦で、今回、対局した高尾に負けて、六冠になっていたのです」

 一度、七冠を獲るだけでも前例のないことで、それを2回も獲ったのだから、

「奇跡の中の奇跡ですよ」

 とは、井山の師匠にあたる石井邦生九段。

「七冠に復帰するのは、初めて制覇した時より、難しいと思います。なぜなら、達成するまでは“攻め”の気持ちですが、“守り”は重圧も掛かる。今回、彼は六冠を守りつつ、“名人”を破ったわけですから」

 例えるなら、大相撲の年6場所で全勝優勝するほどだというから、強靭な精神力の持ち主であるに違いない。

次ページ:“肉が付かない”

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]