引退の安室奈美恵、背後に“大物プロモーター”の存在 同じマンションに自宅

エンタメ 芸能 週刊新潮 2017年10月5日号掲載

  • ブックマーク

「安室奈美恵」引退は美談か 背後に大物プロモーター(下)

 9月20日に発表された安室奈美恵(40)の唐突な引退は、各メディアがこぞって取り上げる大騒ぎとなった。プレミア化したチケットやアルバム売上によって今後1年間の安室の収入は倍以上になるとも目されるが、その“戦略”の発案者として取り沙汰される人物がいる。10年ほど前から安室のツアーやコンサートを取り仕切っている50代の大物プロモーターの男性だ。

 ***

 芸能関係者によると、

「イベント興行会社の『キョードー東京』の出身で、その後、独立して自らイベントプロデュース会社を立ち上げた。プロデューサーとしてもやり手で、札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の“5大ドーム”でのコンサートを多く手掛けていることから、“5大ドームのプロデューサー”などと呼ばれている。彼の会社の年商は今や180億円にも上ります」

 個人資産100億円とも言われる大物プロモーターの「実績」として誰もが挙げるのが、SMAPのコンサートを一手に引き受けてきたことである。

「邦楽アーティストとして初めて国立競技場でのコンサートをやったのはSMAPですが、それを手掛けたのはこのプロモーター。SMAPのドームコンサートも成功に導き、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長は彼のことを“天才プロデューサーだ”と絶賛しています」(同)

次ページ:恩人を捨てて…

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]