車の持ち主が帰ってきた! “仕事中”の窃盗犯が放った仰天の逃げ口上

社会2017年9月30日掲載

「パンツ」と「一線」の違い

 悪事が露見したときに、どう言って切り抜けるか。難しい問題である。

 見事な一言で事態を収拾させることもあれば、無理やりな論理でかえって事態を悪化させることもある。

 下着に大麻を隠していたことがバレたのに、「気づいたら入っていた」「もうパンツははかない」といった名言で、問題のベクトルを変えてしまったのは故・勝新太郎さん。怒る人もいたが、常人とは異なる発想に感動する人もいた。

...

記事全文を読む