「安倍総理」甥、皇室記者に 元号スクープへの期待

国内 社会 週刊新潮 2017年8月10日号掲載

  • ブックマーク

 近づく国家の大事を前に、この人事を聞いた安倍総理は思わず「忖度」したに違いない。オレに一肌脱げということか……と。真夏を前に総理の甥っ子が皇室記者へと抜擢された。そんな彼に期待されるのは、陛下の生前退位に絡む「元号」スクープなんだとか。

 ***

 例年この季節になれば、新聞テレビをはじめ多くのマスコミ各社は記者の配置換えを行うのが常だという。

 先頃、稲田朋美防衛相を辞任に追い込んだ日報問題で特ダネを飛ばしたフジテレビも、7月1日付で報道局内の異動が発令された。中でも目を引いたのは、社会部の岸信千世(のぶちよ)氏が皇室記者、つまりは宮内庁担当に配属されたことである。

 さるフジ関係者が言う。

「彼は社内ではよく知られた安倍総理の甥っ子で、父親は総理実弟の岸信夫外務副大臣というサラブレッド。若いのに泰然自若という言葉が似合う礼儀正しい青年です。慶應大を卒業した2014年に入社し、政治部記者を希望していましたが、新人は必ず総理番を命じられますからね。さすがに親戚がインタビューするのは如何なものかと社会部配属となり、主に警視庁を担当していました」

 そんな彼らしい、こんな一幕が現場であったと全国紙の記者が話を継ぐ。

「岸記者が熊本地震の災害取材に応援で派遣された時なんですが、ちょうど安倍総理も視察にやって来ましてね。彼の携帯に、総理から“頑張れ”とメッセージが入ったそうです」

 一線で取材する者のみならず、誰もが羨む現職総理とのホットライン。それを生まれた時から持つ甥っ子にかかる期待は大きい。

 先のフジ関係者によれば、

「社内では、皇室記者として来たるべき改元の際、『元号』のスクープを望む声もありますが、本人もやり辛いと思いますよ。取材源の秘匿はこの世界の鉄則ですが、仮にフジが真っ先に報じればネタ元は総理だと世間から勘繰られてしまいますから」

 岸記者に幸いなのは、そもそも「元号」は有識者懇談会の意見を聞いて内閣が決定し、のち宮内庁へと報告される流れになっていること。初めは政治部の記者が情報を取る役目を担うのだ。

 となれば、岸記者にのしかかる肩の荷も少しは軽くなるが、他方では彼にこんな“期待”の声も上がっている。

「安倍総理とアッキーこと昭恵夫人の間に子供がいないため、ゆくゆくは岸記者を安倍家の後継者にという声も根強いのです」

 と明かすのは安倍家を知る政治ジャーナリストだ。

「安倍総理には3人の甥っ子がいますが、兄・寛信氏の息子で三菱商事に勤める長男や、当の岸記者の弟は以前から政治の世界に興味はないと周囲に漏らしています。一方、岸記者は、唯一そのようなことは外で口にしておらず、総理との関係を周囲に隠そうとする素振りも見せません。政治記者を目指していたことからも永田町への関心は高いので、時機が来たら退社して総理の地元から出馬する可能性も十分あります」

 まずはお手並み拝見――。

ワイド特集「真夏の狂い咲き」より