スピードワゴン小沢・ホリエモンが彼女に求める”究極の条件”

エンタメ 芸能 2017年8月3日掲載

  • ブックマーク

 付き合った元カノとは、今でも全員身内のように仲良しという小沢さん。でも最近は"あの頃"みたいな恋はもうできないと感じていて……その独特な恋愛観で親友・堀江貴文と激突!?〈堀江貴文×小沢一敬×燃え殻 ボクたちはみんな大人になれなかった座談会 第3回〉

恋愛と自分のライフスタイル、男はどっちを優先するか?

小沢 確かに二十歳くらいですごい好きになった人のインパクトって大きいよね。俺はいつも恋したいなって思って生きてるけど、もうあの頃みたいな恋、できないなって思うもん。だけど、したいのよ? なんか好きな子の家の前に行って気持ちが止められなくて「わあー!」って叫ぶみたいな恋。ヤバい奴だけど(笑)。でもそのくらい誰かのことを好きになりたいとは、いつも思ってるんだよね。今はさ、いいなと思っても「じゃあご飯行こうか」「いいですね」みたいな感じじゃない? 本当はもっと身をよじらせるような恋、したいなって思うよね。

堀江 僕、今でもよじってるよ。

燃え殻 よじってんですか。

堀江 よじってる。

小沢 いいな、よじってんだ。俺もよじりたいよ。マジでよじりたい。

堀江 よじってる、よじってる。

小沢 で、よじるって何?

燃え殻 小沢さん、自分で言いましたよね?(笑)。

小沢 俺が思うのはさ、若いときの方がぶつかり合ったり大喧嘩したりするじゃない? そういうのなくなったなって。

堀江 え、僕いまだに大声で大喧嘩したりするよ。

小沢 じゃあ、よじってるわ。

燃え殻 (笑)。

堀江 この間も寿司屋で大ゲンカして、大将がめちゃくちゃ困ってた。

小沢 ねえ、寿司屋行きすぎだから、そこココイチに変えてくんない? 俺がよじってる時代は寿司屋の大将なんて登場しなかった。

堀江 確かに若いときとは、よじる場所は変わってるけど(笑)。

燃え殻 よじる戦場が変わった(笑)。

小沢 大将かわいそうだよ! でもある意味うらやましい。俺そもそも人生において恋愛が1位になったこと、ないわ。

燃え殻 えっ?

小沢 え、1位になったことある?

堀江 ある。

燃え殻 あります。

小沢 ええっ?

堀江 全然ありますよ(笑)。

小沢 それは10代の時とか?

堀江 いや最近になってからもあるよ。

小沢 本当に? 俺は恋愛が麻雀を超えたことないわ。恋愛1位になると、きつくない?

堀江 何言ってんの? きついに決まってるでしょ(笑)。

燃え殻 きついですよ(笑)。僕も一度だけ1位になったのが、この小説に書いた子だったんです。その子に「会える時間が少ないじゃん」って言われて、次の日会社に辞表持って行ったんですよ。

堀江 いいねえ。僕が上司だったら「いいじゃん」って言っちゃうけどね。

小沢 俺も恋愛は1位になったことないけど、後輩が彼女のために芸人辞めますって言ってきたら「よかったじゃん」って言うと思う。仕事辞めるほど好きな人に会ったことないから、うらやましい。

燃え殻 辞表を出したその日に、新生活のために合羽橋に食器とか買いに行ってたんですけど、社長には「そんなバカな理由があるか、ちょっと落ち着け」って言われて保留にされて。その間に彼女にフラれちゃったんですけどね。

堀江 なんでその子のこと、そんなに好きになったの?

燃え殻 当時はテレビのテロップを制作する下請け会社で働いていて、自分がとても狭い世界で生きてるなと感じていたんです。でも、彼女はすごく自由に生きているように思えて、映画とか洋服とか音楽とか、その子の前には自分の知らない鮮やかな世界が広がっているように見えたんですよ。憧れに近いんですけど、とても尊敬できたというか。

小沢 それは分かる。別に女の子だけじゃなくて、男でも女でも尊敬できる子は、わーこいつ好きってなるよね。

堀江 ふーん。

小沢 あなたは人を尊敬しないで生きてきたもんね。

堀江 いやいや、そんなことない(笑)。

小沢 じゃあ彼女にする条件の一番は何なの?

堀江 条件っていうけどさ、好きって思い込みだからね。それが"好きループ"で重みづけされていくわけだから。フェイスブックで「いいね!」を押したり、タイムラインを見続けるのと一緒で。なんかのきっかけでそのループに入っちゃうだけなんだよ。それって、だいたい偶然だと思うけどね。なんか好きになる条件ってあるの?

小沢 『麻雀放浪記』っていう映画があるんだけど、その中で鹿賀丈史さんが演じてるドサ健っていう男が、彼女の家の権利書を勝手に賭けて、負けちゃうんだよ。それでついに彼女を女郎部屋に売るんだけど、その時「あいつは俺の女だ。この世でたった一人の女だ」って言うの。

「だからあいつは俺のために生きなくちゃならねぇ。あいつと、死んだお袋と、この二人だけには迷惑かけたって構わねえんだ」って。俺、その考え方がベースにあって、普通はみんな彼女には優しくするじゃん。俺は逆で、彼女にだけは迷惑かけていいっていう考え方なんだよね。

堀江 小沢くん素敵(笑)。僕は恋愛要素って、いくら大人になっても人生にはめちゃくちゃ必要なものだと思うな。とはいえ昔に比べると、自分の時間とかライフスタイルを優先しちゃうから、好きループに入るタイミングはなかなか合わなくなってきてるかもしれない。

デイリー新潮編集部