「グッチ裕三」紹介のメンチカツ屋、自身がオーナーだった 周囲からは苦情

芸能週刊新潮 2017年7月6日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 さもしいと言うほかあるまい。料理愛好家としても知られるタレントのグッチ裕三(65)がテレビのバラエティ番組などで浅草のメンチカツ屋を大絶賛。おかげで、行列の絶えない名物グルメ店となったものの、食べ歩き客があふれ、他の店舗から苦情が出ているという。しかも、このお店、実はグッチ裕三自身がオーナーで、そのことを隠して、宣伝していたのだ。

 ***

 例えば、2016年2月15日に放送された「はやドキ!」(TBS系)にゲスト出演したグッチ裕三は、浅草新名物として「浅草メンチ」を紹介。「子どものころ、肉屋さんでメンチを売っていたからよく食べたけれど、レベルが違うな」などと褒めちぎっていた。遡って、14年5月1日放送の「ヒルナンデス!」(日テレ系)でも、“開運ツアー”というコーナーで、他のゲストにメンチカツを勧め、「運が向いてきそうでしょ?」「勝負に勝つ! メンチカツ!」などと同じ店を取り上げている。

 グッチ裕三が一押しする、その「浅草メンチ」は7年前、浅草寺に程近い伝法院通りにオープン。バラエティ番組などで度々オンエアされたため、たちまち行列のできる人気店になった。

次ページ:■ファミリー企業

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]