西川貴教、46歳とは思えない肉体美を披露 「完全に北斗の拳」と驚きの声

芸能2017年5月11日掲載

 西川貴教が、自著で披露した筋肉がすごいと話題だ。46歳とは思えない鍛え上げられた肉体に驚きの声が上がっている。

 西川は12日にエッセイ集『おしゃべりな筋肉 心のワークアウト7メソッド』を上梓した。
 
 デビュー当時の西川は「華奢なボディ」が魅力の一つでもあったが、46歳になり披露された身体は完全にビルドアップされたもの。

 西川は4月に同書の発売に合わせ130万人以上のフォロワーをもつ自身のツイッターのアイコンを帯に使われた上半身裸の写真に変えた。その際「アイコンも熱苦しいのに変えておきますね 見たくないかもですが」と少々弱気なコメントを残したが、鍛え上げられた肉体には

「美しすぎる」
「まるでギリシャ彫刻のよう」
「薄い身体も好きだけど今の筋肉も好き」
「完全に北斗の拳」

 などファンからは賞賛、男性からは憧れのコメントが数多く寄せられている。
 タイトルとこの写真だけ見ると「筋トレ本」にしか思えないが、中身は「心の鍛え方」がテーマ。T.M.Revolutionとしてデビューしてから幾多の失敗経て学んだ経験を元に「正しい甘えは、物事を動かす原動力になる」(甘える力)「廻り道したっていい、過程より結果にこだわろう」(実現力)など、今日から始められる西川流7つの心の鍛え方を綴っている。

デイリー新潮編集部