ペットボトルが開けられなくなったら要注意… “筋肉減少”の恐怖

ライフ週刊新潮 2017年7月6日号掲載

 一定の筋肉量を保っていれば安定的にマイオカイン(筋肉が分泌するホルモンの総称)が分泌され、体を様々なリスクから守ってくれる。が、哀しいかな、筋肉量は加齢と共に減少していく。最も怖いのは、筋肉量が一定のラインを下回る、「サルコペニア」なる状態である。

 ***

...

記事全文を読む