来日カトリーヌ・ドヌーヴが団長に 仏映画祭

映画週刊新潮 2017年6月29日号掲載

 4日間という短い期間だが、「フランス映画祭2017」(6月22~25日)をひときわ輝かせるのは、大女優カトリーヌ・ドヌーヴ(73)。映画祭団長として、22日に上映された「The Midwife」(19時30分、TOHOシネマズ日劇スクリーン)で舞台挨拶を行なったほか、映画祭前日の21日には、マスタークラス、つまり“特別授業”が組まれた。30席がすぐに完売したそうだ。短くとも豪華。映画好きから大きな注目を浴びている。

...

記事全文を読む