ブラピ新作、劇場公開なし ネトフリ提携の大冒険

芸能週刊新潮 2017年6月8日号掲載

 ブラピ様、2年半ぶり11度目の来日である。自身でプロデュース、主演した新作「ウォー・マシーン:戦争は話術だ!」のPR目的だったが、この映画、劇場では観られない。

 5月22日、都内のホテルでの記者会見ではブラピ自ら、

「ネットフリックスと組まなければ、6分の1の予算で小さく作っていたかも知れない。映画製作会社にもチャンスが与えられ、素晴らしいことだと思う」

 と語ったように、実際、ブラピ自身の映画製作会社「プランB」がネトフリから資金提供を受けた。

...

記事全文を読む