あなたはどっち派!? ネガが一秒で「デジタル写真」orインスタ映えする「使い捨てカメラ」

ライフ2017年6月9日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

デジタルかアナログか?

 捨てようにも捨てられない、そんなネガフィルムが家に眠っている方に朗報が飛び込んできた。なんとネガフィルムを簡単にデジタル化してくれる画期的なアプリが誕生したのである。

「Film Lab」というアプリでネガをスキャンすると、一瞬でその写真をデジタル化し、保存できるという優れもので、読み込んだフィルムには自動で適切な画像処理を施してくれるため、加工の手間もいらないとのこと。

 そんな画期的なこのアプリ、「Kickstarter」で資金を募ったところ、たちまち話題となりたった5日で目標額を達成し、リリースにこぎつけたという。アプリの一般リリースは今年の秋とのことだが、今から「待ちきれない!」との声が上がっている。

 そんな写真のデジタル化が進む一方で、実は逆の波も押し寄せているんだとか。音楽の世界でもテープレコーダーなど、昔懐かしいアナログ媒体が復活の兆しを見せているが、写真の世界でも、実はここ1年ほど前から、「使い捨てカメラ」が再びヒットしているというのだ。今時の若者のマストツール「インスタグラム」にも、使い捨てカメラで撮影された写真が4万件以上も公開されているという。「バッテリー切れの心配がない」「現像するまで写真が見えないワクワク感」「デジタルで味わえない風合い」など様々な理由から若者たちにウケているようだ。

デイリー新潮編集部