沖縄限定 ファミマの「泡盛コーヒー」が「ヤバイ」と話題

食・暮らし 2017年6月5日掲載

  
 沖縄と言えばオリオンビールと泡盛、なんて飲兵衛の方も多いのでは。そんな沖縄のファミリーマートで売られている「泡盛コーヒー」をご存じだろうか。

 コーヒーやカフェラテと似たようなプラスチックのカップで販売されている「泡盛コーヒー」は税込み258円。パッケージには「泡盛とコーヒーが運命的な出会い。ノンシュガーですっきり仕上げました」とこれまた“泡盛”という言葉さえ入っていなければ、ジュースかな?と思うような文言が。

 しかしアルコール度数12%を越えるそれは、まず間違いなくお酒なようで、SNSでは「これが噂のファミマ沖縄限定の例のやつ「のみやすい…!!」「するするいける…!!」「ライブ中、立ってられるの何人だろう…!!」「全然へらない…!!」」「泡盛コーヒーをちょっと飲んで、途中から牛乳入れたので泡盛成分はバリバリ残ってるはずなのに、もはや口当たりはコーヒー牛乳でした」との声が上がっている。

...

記事全文を読む