血管を“詰まらせない”“破らせない”ための修復法

食・暮らし週刊新潮 2017年4月20日号掲載

■血管を「詰まらせない」「破らせない」抗老化の修復法(上)

 がんとともに長らく日本人の三大死因として恐れられてきたのが心疾患と脳卒中。すなわち、身体にくまなく張り巡らされた血管の疾病に、我々の寿命は左右されてきたといえよう。新たな季節を迎え、最新の知見をもとに血管の「いたわり方」「鍛え方」をお伝えする。

 ***

 カナダの著名な医学者ウィリアム・オスラーに、

〈人は血管とともに老いる〉

 との言がある。生物としての人間の一般的な寿命は120歳とされている。つまりは血管もまた、理論上は同じ年輪を刻めるわけである。

...

記事全文を読む