デイリー新潮

旅・街歩き

ミッフィーが見守る気仙沼ニッティングへ行こう!

「カンブリア宮殿」でも話題になった、被災地の女性に誇りを与える新ビジネス、「気仙沼ニッティング」。商品を実際に手にとって触れたい、という人は数多い。そこで、「気仙沼ニッティング」は2014年に、気仙沼の港を見下ろす小高い丘に「メモリーズ」という、週末のみオープンする店舗を開店した。東京から500キロ、新幹線と車やローカル線を乗り継いで4~5時間の気仙沼に、だ。

...

記事全文を読む

  • 2017年4月30日 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事