突如退任「ローソン」玉塚会長にM資金めぐる疑惑 確約書に“資金をお受けいたします”の直筆

ビジネス 週刊新潮 2017年4月27日号掲載

  • ブックマーク

■ローソン「玉塚会長」退任の裏に「M資金」と「美人詐欺師」(上)

 慶応のラグビー部出身で、ユニクロの前社長、そして、もちろんイケメンである。ローソンの玉塚元一会長は欠点を見つけるのが難しいほどのスター経営者だ。ところが、突如の退任発表で飛び出したのが、「M資金」の世界で蠢く怪しい面々との意外な関わりだった。

 ***

突然退任を発表した玉塚元一会長

 経営の神様と言われた松下幸之助は、愚痴を言いに来た部下をこう諭したことがある。

〈君は幸せやなあ。面白うないことがあっても、こうやって愚痴をこぼす相手がおるんやからな。僕には誰もそんな人おらへん。君は幸せやで〉

 経営者とは孤独なものである。4月12日、任期半ばで突然退任を発表した大手コンビニチェーン「ローソン」の玉塚元一会長(54)もまた、誰にも言えない悩みがあったはずだ。記者会見では竹増貞信社長の隣で明るく振る舞っていたものの、その端正なマスクは心なしか曇っているようにも見えた。うっかりサインしてしまったあるペーパーのことが頭から離れなかったのだろうか――。

 玉塚氏のキャリアは非の打ちどころがない。

「玉塚さんの曾祖父は玉塚証券(現みずほ証券)の創業者で、おじいさんは東証理事長を務めたこともある人です。幼稚舎(小学校に相当)から慶応に学び、大学時代はラグビーのフランカーとして大学選手権で準優勝したこともある。その毛並みの良さに加えて、ファーストリテイリング(ユニクロ)の急成長を支え、39歳で社長に抜擢されたことが注目されたのです」(経営評論家)

 後に経営方針の違いで社長を解任されるものの、柳井正オーナーとの信頼関係は変わらなかった。同社を辞めると経営支援会社「リヴァンプ」を創業。ロッテリアの再生やアメリカの有名ドーナツチェーンを上陸させたのはご存じのとおり。そして、2010年、ローソンに入社。4年後の5月、新浪剛史CEOの後継者として正式にローソンの社長に就任する。

 流通専門誌を発行する国際商業出版の栗田晴彦社長が言う。

「ローソン加盟店の玉塚さんに対する信頼は非常に厚いものがありました。明るいし、ざっくばらんだからオーナーたちを引きつける力があったと思います。経営手法も先輩の新浪さんに倣って派手なパフォーマンスを踏襲するやり方。もっとも、花火を打ち上げたのはいいけど、その後はどうなの?ということも多かった。佐川急便と手を組んで店を出したのはいいけど、増やせなかったり、そのやり方は “打ち上げ花火”と呼ばれていたものです」

次ページ:■“玉塚包囲網

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]